当院について|近江八幡動物医療センター 森動物病院 | 滋賀県近江八幡市・東近江市・野洲市・彦根市-犬・猫-ワクチン・去勢・避妊手術・CT・外科

時間
9:00~12:00
16:30~19:30

★:日曜日9:00~11:00
休診日:木曜・祝日

〒523-0015
滋賀県近江八幡市上田町1281-13

  • 地図
  • メニュー

あいさつ

当院は1945年に父である初代院長が開院して以来、親子三代に渡り豊富な経験とノウハウ、そして最新の情報・技術を取り入れた診療を行い、地域の皆さまの大切なご家族の健康をサポートさせていただいております。

私は幼い頃から犬・猫だけでなく、牛・豚など様々な動物に囲まれた環境で育ちました。彼らと慈しみあふれる素晴らしい関係を築き、そして「死」という別れを経験する中で、何とか「治してあげたい」「助けてあげたい」という想いが強くなっていき、獣医の道を志しました。この想いは次代を担う三代目にも受け継がれ、また当院で働く全てのスタッフで共有されています。

ワンちゃんやネコちゃんは、共に生活し、安らぎや喜びを分かち合うパートナーであり家族です。私たち近江八幡動物医療センター 森動物病院は、皆さまのかけがえのないご家族への想いを大切にし、「ここに来て良かった」と心から思っていただける病院を目指しています。

どんな些細なことでも結構ですので、お気軽にご相談ください。

近江八幡動物医療センター 森動物病院
 院長 森弘志

行動指針

ご家族の思いを大切にした心を

私たちは、動物はもちろん大きな不安を感じていらっしゃるご家族の気持ちに寄り添った「心が通じ合う診療」を心がけています。

質の高く、安心できる診療を

親子三代にわたり培ってきた経験やノウハウに加え、科学的な根拠に基づいた最新の情報と技術を取り入れた診療を行っています。

ご家族の視点に立ったおもてなしを

病院全体で動物とご家族の視点に立ったおもてなしを心がけています。

認定資格情報
日本動物病院協会(JAHA)総合臨床医
日本動物病院協会(JAHA)外科認定医
日本動物病院協会(JAHA)内科認定医
国際基準 キャット・フレンドリー・クリニック(Cat Friendly Clinic:CFC) 最高水準ゴールドレベル認定病院
キャットリボン運動提携動物病院
京滋小動物研究会 理事
AO VET 骨折治療メンバー
(AO VET Principles & Advances in Small Animal コース 修了)
理学修士(アメリカコロラド州立大学)
LCP 骨折整復術 研修 修了
TPLO 前十字靭帯整復術 研修 修了
iVEAT 腹部超音波 研修 修了
局所麻酔・疼痛管理 研修 修了
日本獣医師会生涯 研修 修了
尿管結石SUB治療法 研修 修了

スタッフ

命を扱う職業だからこそ、高い志命を持ち日々技術の研鑽を行っています。

広範な一般知識を備えた獣医師に与えられる総合臨床医が在院しています。
栄養管理アドバイザーに認定されたスタッフが常駐しています。
薬の知識を備えた薬剤師が在院しています。

院長・獣医師 森 弘志午前診察

保有資格・研修

獣医師

獣医師 森 健志午前 診察・午後 手術

保有資格・研修

獣医師
JAHA総合臨床医
JAHA外科認定医
JAHA内科認定医
AOVET骨折治療メンバー
骨折整復術LCPドライラボ 修了
IVEAT腹部超音波研修 修了
日本獣医師会 生涯研修 修了
麻布大学 神経外科・神経内科 研修修了
尿管結石SUBドライラボ 修了
前十字靭帯TPLOドライラボ 修了

獣医師 森 仁美午前 診察・午後 手術

保有資格・研修

獣医師
理学修士(米国コロラド州立大学)
JAHA総合臨床医
AOVET骨折治療 修了
骨折整復術LCPドライラボ 修了
局所麻酔・疼痛管理
前十字靭帯TPLOドライラボ 修了
尿管結石SUBドライラボ 修了

獣医師 衣笠 元教日曜日休み

保有資格・研修

獣医師
比較眼科学会 臨床生涯教育プログラムセミナー 修了

獣医師 村上 章火曜日休み

保有資格・研修

獣医師
獣医腫瘍科認定医Ⅱ種

獣医師 上垣 まい金曜日休み

保有資格・研修

獣医師

佐伯 悠
トリマー・動物看護師 リーダー

JKCトリマーC級ライセンス
動物看護師
愛玩動物飼養管理士1級
ロイヤルカナン栄養管理アドバイザー
動物スキンケア検定 修了

宮本 菜摘
動物看護師 リーダー

動物看護師
愛玩動物飼養管理士2級
Pet First Aidsセミナー修了

奥村 裕可
動物看護師

動物看護師

山本 真由美
薬剤師

森 正恵
受付

ロイヤルカナン栄養管理アドバイザー

藤井 菜穂香
動物看護師

動物看護師

石橋 今日子
動物看護師

NAVA公認トレーナー2級
動物愛護社会化検定 基礎級
ロイヤルカナン栄養管理アドバイザー

施設・設備紹介

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    待合室 明るく開放感のある待合室です。広々としているため、他の動物たちと距離を置いて過ごせます。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    受付

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    第一診察室 大きな窓のある広くて明るいお部屋です。
    身体の小さい動物はもちろん、大きい動物でもゆったりと過ごしていただけます。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    第二診察室 診察室には大画面モニターがあり、レントゲン画像、顕微鏡画像、CT画像などを一緒にご覧いただきながら丁寧な説明を心がけています。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    大型犬診察台 小さい動物はもちろん、身体の大きい動物でも負担なく診察を受けていただけるよう、電動で上下する診察台を用意しています。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    駐車場 動物病院の目の前には駐車スペースを20台完備している駐車場があります。
    バイクや自転車も駐めていただけます。広い駐車場の空きスペースでお散歩をしていただけることもできます。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    手術室 衛生的な部屋で、去勢・避妊手術をはじめ腫瘍の摘出などの軟部外科や骨折などの整形外科など、さまざまな手術を行っております。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    CT CTによって、より精度の高い検査・診断・治療が可能です。
    CTは体内の断面を詳細に撮影することができるため、脳・胸部・腹部・骨をはじめとした体の様々な部位の病気をより詳しく正確に評価することができます。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    CT操作室 CT撮影のトレーニングを積んだ獣医師が常勤しており、より高精度で正確な診断や検査が可能です。
    他施設からのCT検査依頼も承っております。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    ICU入院室 重症な動物のための集中治療室です。
    小型から大型まで様々なサイズの動物に対応しています。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    フードコーナー 待合室奥には病院専用のフードコーナーを設けており、動物の年齢や状態に合わせて様々な種類のフードを取り揃えています。
    詳細はお気軽にお電話や受付でご相談ください。

  • 近江八幡市上田町・近江八幡動物医療センター 森動物病院

    手術用顕微鏡 肉眼の限界をはるかに超えて見ることができ、細部まで鮮明に見えることで、より繊細で丁寧な手術を実現します。

ペットホテル

高齢・病気持ちでも安心して預けられる動物病院のペットホテル。

特徴

  • 大切なご家族に快適に過ごしてもらうため、できるだけご自宅に近い環境になるよう努めています。
  • キャットフレンドリー認定病院として犬舎・猫舎を完全に分離。動物にとって過ごしやすい空間です。
  • 一般的なペットホテルでは預ける事ができない、大型犬もお預かり可能です。
  • お預かり中はご家族の状態を獣医師・動物看護師が注意深く観察しています。もし異変があった場合は、動物病院なのですぐに対応できるようにしています。

注意事項

・完全予約制です。
・健康状態を把握する必要があるため、当院にてワクチン接種やフィラリア予防済みで、カルテのあるワンちゃん、ネコちゃんに限らせていただいております。
・年末年始・GW等でお預かりをお断りする場合がございます。

よくある質問

診療に関するご質問
  • どのような動物を見てもらえますか?
      犬・猫の診療をしています。
  • 初めて病院へ行くときは何が必要ですか?
      狂犬病や混合注射などのワクチン接種歴、動物保険に加入されている場合は保険証をお持ちください。
      現在治療中の病気がある場合、またはすでに他の病院にかかっている場合は、服用中のお薬や過去の検査結果をお持ちくださると助かります。

      詳しくは「初めての方へ」(リンク)をご覧ください。
  • 病院ではどのような検査ができますか。またどのような検査機器がありますか?
      血液検査、糞便検査、尿検査、レントゲン検査、超音波検査、内視鏡検査、CT検査などの様々な検査が可能です。
      病気の診断・治療の精度を上げるための様々な検査機器を取り揃えております。
      詳しくは設備(リンク)をご覧ください。
      多くの病気に対応できるようにしております。
  • 去勢手術・避妊手術のタイミングを教えてください
      当院では去勢手術・避妊手術を考えておられる方には、6カ月齢を過ぎた頃に手術の実施を推奨しています。
      詳しくは「去勢手術・避妊手術」(リンク)をご覧いただくか、お電話にてお問い合わせください。
  • 往診はしていますか?
      当院にてカルテのある方のみ行なっております。
      基本的には動物の状態をしっかり把握したいため、直接ご来院いただいての診療になりますが、やむを得ない事情で往診をご希望の場合はお電話にてご相談ください。
受付に関するご質問
  • 診察の予約はできますか?
      お電話での診察の予約や時間指定の予約はしておりませんが、インターネットにてウェブ受付はしております。
      当院ホームページのウェブ受付欄、あるいはこちらをクリックしてください。

      ウェブ受付の方法が分からない方はお気軽にお電話にてお聞きください。
  • 診察・手術などの電話予約はできますか?
      診察の電話予約は受け付けておりません。
      携帯電話やパソコンにて、森動物病院のウェブサイトから診察のウェブ受付をしていただけます。またウェブ受付には診察券番号が必要になるため初めての方の予約はできません。当院にご来院したことがある、または同居動物が来院したことのある動物に限ります。
      手術・検査・トリミング・ペットホテルの予約はお電話でも受付でもお取りいただけます。
      初めての方は動物の状態が把握できていないため、電話予約はできません。お手数をお掛けしますが、電話にてお尋ねしていただくか、直接ご来院ください。
  • ウェブ受付の時間帯は決まっていますか?
      ウェブ受付は平日と土曜日のみ行っており、日曜日は行っておりません。午前診が9:30-11:00、午後診は17:00-18:30の時間帯で受け付けております。
      ウェブ受付は時間指定での予約ではなく、インターネットで診察の受付をするものです。診察の順番は直接ご来院にて受付された方とウェブにて受付された方を合わせたものが反映されます。
  • 初めて来院する時に予約は必要ですか?
      必要ありません。そのため、お気軽にご来院ください。
      当院にはインターネットによるウェブ受付システムがありますが、初めての方は承っておりません。ただし、一緒に飼われている他の動物で当院を受診されたことがある場合は、来院される動物が初めての場合でもウェブ受付が可能です。
      初めてのワクチンで来院される場合は、午前中に来院されることをお勧めします。
  • ウェブ受付をすれば受付時間を過ぎてから来院しても大丈夫ですか?
      ウェブ受付をされた場合でも必ず診察時間内に病院にご来院ください。
      診察受付時間を過ぎた場合にはウェブ受付をされていても取り消されます。

      また受付時間を超えた時点で受付された場合は時間外診療の対象となります。
初めての来院に関するご質問
  • どのような動物を診てもらえますか?
      犬・猫の診療をしています。
  • 初めて病院へ行くときは何が必要ですか?
      狂犬病や混合注射などのワクチン接種歴、動物保険に加入されている場合は保険証をお持ちください。
      現在治療中の病気がある場合、またはすでに他の病院にかかっている場合は、服用中のお薬や過去の検査結果をお持ちくださると助かります。

      詳しくは「初めての方へ」(リンク)をご覧ください。
  • 初めて来院する時に予約は必要ですか?
      必要ありません。そのため、お気軽にご来院ください。
      当院にはインターネットによるウェブ受付システムがありますが、初めての方は承っておりません。ただし、一緒に飼われている他の動物で当院を受診されたことがある場合は、来院される動物が初めての場合でもウェブ受付が可能です。
      初めてのワクチンで来院される場合は、午前中に来院されることをお勧めします。
  • 去勢手術・避妊手術のタイミングを教えてください
      当院では去勢手術・避妊手術を考えておられる方には、6カ月齢を過ぎた頃に手術の実施を推奨しています。
      詳しくは「去勢手術・避妊手術」(リンク)をご覧いただくか、お電話にてお問い合わせください。
  • うちの犬や猫は怖がりで知らない場所だと逃げてしまったり、攻撃的になります
      動物が慣れない場所や人に怯えてしまうのは自然なことです。
      動物に合わせた対応をしていくのでご安心ください。
      ワンちゃんは首輪とリードをつけていただき、攻撃的になりやすい子は口輪などをお持ちの場合はご持参ください。ネコちゃんは洗濯ネットに入れていただき、キャリーケースに入れて来てくださるとスムーズに診察ができます。
ペットホテルに関するご質問
  • 病院のペットホテルに預ける時は何が必要ですか?
      普段、ご家庭で使用している物やお気に入りの物があれば持って来てくださると助かります。
      継続中の療法食や内服中のお薬があればご持参ください。
      また持病のない動物でも普段食べているフードをお持ちいただくことができますし、フードをお持ちでない場合でもその子にあったフードをこちらで提供させていただきます。
      お預かりの時に、普段の生活の様子、食事の仕方、食器の種類、散歩の回数、トイレの種類や方法など、色んな面でご家庭での普段の生活に少しでも近づけるようにお尋ねさせていただきます。
  • ペットホテルやトリミングをするのに条件はありますか?
      ペットホテルやトリミングは当院を受診されている方に限ります。
      当院を受診されたことがない場合でも、事前に診察し、動物の状態を把握してからペットホテルやトリミングをさせていただくことができます。
      また動物病院には多くの動物がいるため、各種予防を当院で行なっている動物に限ります。(持病を持っている場合は免除あり。)
      高齢や持病を持っているため動物病院でのペットホテルやトリミングを希望される方も多いため、詳しくはお気軽にご相談ください。
  • ペットホテルに預ける時は散歩に行ってもらえますか?
      はい。
      できるだけ動物の普段の生活にあった形でお預かりするよう心掛けております。
お支払いに関するご質問
  • クレジットカードは使えますか?
      ご利用いただけます。
      各種クレジットカードに対応しております。
  • 診察料にどれくらいの金額がかかるか心配です
      診察料はその時の内容によって異なります。
      受付時あるいは診察時に予めご相談くだされば、診察時におおよその金額、そのご家族と動物に合った治療を相談・提案させていただきます。
交通アクセスに関するご質問
  • 来院手段を教えてください
      多くの方はお車で来られますが、自転車やバイクでのご来院も可能です。
      駐車スペースも20台用意しております。
      電車を使われる場合はJR近江八幡駅南口から徒歩7分です。
      詳しくはホームページのアクセスをご覧いただくか、直接お電話ください。
  • 駐車場はありますか?
      病院の前に20台分の駐車スペースがあります。
      バイクや自転車を置いていただけるスペースもあります。

メディア掲載情報

2021年度

獣医師むけ雑誌『CAP』に掲載されました。
『全身性炎症反応症候群を伴う子宮蓄膿症にプレンダZを臨床応用した犬3症例』について獣医師向けの雑誌『CAP』(2021.5)に森動物病院 獣医師 森(篠田)仁美の執筆内容が掲載されました。
今回執筆した研究成果は、最近新しく開発された動物用抗炎症剤の効果について検討したものです。 この新薬は今まで全身性の炎症により重篤化していた動物をより多く救おうと開発されたもので、体の様々な臓器の炎症性疾患に対して優れた効果を発揮します。
家族であるワンちゃんネコちゃんの命を出来るだけ多く救うため、私たちはこれからも日々精進して参ります。

2020年度

『Calooペット』様から『DOCTOR'S INTERVIEW』を受け「診療に対する想い」が掲載されました。

産業情報化新聞社『日本一明るい経済新聞』から取材を受け掲載されました。

獣医師向け雑誌『mvm』に掲載されました。
『プロがあやつる手術器具』について獣医師向けの雑誌『mvm』(2020.11)に森動物病院 獣医師 森(篠田)仁美の前回と異なる執筆内容が掲載されました。
動物の状態や手術の内容に合った縫合糸を選択することは、動物の体への負担の軽減になるだけでなく、手術部位感染や術後の術部離開などの合併症のリクスを減らすことができます。
当院では、その動物に適切な縫合糸を用い、動物に負担のより少ない手術を心がけています。

2019年度

滋賀県獣医師学会にて2題発表
『猫の恥骨に発生した軟骨肉腫の1例』
『猫のCryptococcus症に対してCTが有用だった1例』

2018年度

獣医師向け雑誌『mvm』に掲載されました。
『プロがあやつる手術器具』について獣医師向けの雑誌『mvm』(2018.11)に森動物病院 獣医師 篠田仁美の執筆内容が掲載されました。
手術において適切に手術器具をあつかうことは、手術される動物の負担を減らすことにつながります。当院では、手術器具も含め、質の高い手術や麻酔を実践することを心がけています。
手術のことで不安なことなどあればご相談ください。

2017年度

獣医師向けの雑誌『mvm』に掲載されました。
『キャットフレンドリークリニック』について獣医師向けの雑誌『mvm』(2017.09)に森動物病院での取り組みがインタビュー形式で掲載されました。
最近、ネコの医療の質を上げる取り組みが行なわれており、全国の他の病院のインタビューも載っています。
雑誌は待合室にあるので良ければご覧ください。

2016年度

朝日新聞出版 AERA『動物病院 上手な選び方2016』に森動物病院が紹介されました。
関東・関西・中部地方の動物病院の簡単な情報が掲載されています。
雑誌は全国の書店で販売されていますが、当院の待合室にもあるので良ければご覧ください。

動物看護師向けの雑誌『as』に掲載されました。
『減量指導』について動物看護師向けの雑誌『as』(2016.03)に森動物病院での減量の取り組みが掲載されました。
肥満によって起こりやすい病気があるため、飼主様と一緒に愛犬・愛猫のダイエットをサポートしていくことで出来るだけ「まず病気にさせない!」ようにしていきたいです。
ただ、わかってはいてもなかなか実施することは難しいため、減量をしたいときは是非ご相談ください。
雑誌は待合室にあるので良ければご覧ください。
2015年度

獣医師向けの雑誌『info vets』に掲載されました。
『てんかん発作』について獣医師向けの雑誌『info vets』(2015.09)に森動物病院 獣医師 森健志の執筆内容が掲載されました。
これを他の獣医師が読むことで少しでも多くのケイレンや発作を起こす犬や猫が健やかに暮らせることを願って執筆しました。雑誌は待合室にあるので良ければご覧ください。

現在の森動物病院を建築・設計していただいた石井さんが TV朝日放送の8月2日(日)18:57~ 『大改造!!劇的ビフォーアフター』に匠として出演されました。
石井建築設計事務所の石井和浩さんは近江八幡でヴォーリス建築の保存・再生も手がけられております。

2012年度

『BBC びわ湖放送』の取材を森動物病院 院長 森弘志が受けました。
5月24日(金)17:15~18:20の『キラリん滋賀』にて、これからの時期に注意してほしい『熱中症』についてお話しさせていただいてました。