よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

軟部外科 soft tissue surgery

胆嚢粘液嚢腫

肝臓では胃で消化された食べ物を代謝する「胆汁」という液体が作られます。胆汁は胆のうで一時的に貯めてられ、食べ物が入ると消化のために分泌されます。

人ではこの胆嚢内に石ができる「胆石症」が有名ですが、ワンちゃんは、胆のうにゼリー状の物質が貯まり、胆のうが機能しなくなる胆嚢粘液嚢腫(たんのうねんえきのうしゅ)という病気になることがあります。この状態になると、胆のうの近くにある肝臓、小腸、膵臓にも悪影響が及んだり、胆嚢が破裂し命に関わることもあります。

胆のうは沈黙の臓器で、状態が悪化するまで症状が出ないことが多いです。

症状としては、元気がない、あまり動かない、食欲がない、嘔吐、下痢など、胆のうとは結びつかないようなものが出ます。重症な場合は黄疸が出ることもあります。

胆のうの病気は症状が全くないことが多いので、定期的な健康診断(身体検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査など)で偶然見つかることも少なくありません。

もし胆嚢粘液嚢腫が見つかった場合は、早めにクスリにて改善できるか判断し、改善しないときは手術にて胆嚢を切除しなければなりません。

状態が悪化する前に、手術で異常な胆嚢を取り除き、全身状態への悪影響を防ぐことができます。

胆嚢破裂して状態が悪くなってからでは手術もより危険を伴ってしまいます。

そのため、病気を早めに見つけるために中年齢以降になったら定期検診が大切になってきます。

 

 

胆嚢内の粘液嚢腫

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

Top