よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

口腔外科 oral surgery

軟口蓋過長症

軟口蓋過長症とは:

短頭種のワンちゃんネコちゃん(フレンチブルドッグ、パグ、ブリティッシュ・ショートヘア、ペルシャなど)の中には、軟口蓋が通常より長い子がいます。

軟口蓋とは、気道(空気の通り道)の入り口にある筋肉で、上あごから下に垂れ下がり、食べ物を飲み込むときに間違って気道の中に入るのを防ぐ働きをしています。

短頭種のように、頭の長さに比べ鼻が短いワンちゃんやネコちゃんで起こりやすい「軟口蓋過長症」は、本来ならば気道の一部のみ塞いでいる軟口蓋が長すぎて、気道が過度に塞がってしまう状態です。

症状:

軟口蓋過長症の動物は、普段から「ガーガー」といった呼吸音が認められたり、常に「ハァハァ」していたりと、呼吸がしづらい症状を示します。特に興奮や暑さで症状が悪化し、寝ているときにイビキをかくことも特徴です。

また、この病気は生まれつき持っていることも多く、上記の症状が「この子にとっては正常」と思われ、病気が見逃されていることも多いです。

状態がひどくなると、軟口蓋の周りの構造が変わってしまい、年齢とともに症状が重症化し治らなくなるケースもあります。

検査:

普段の家での生活、身体検査、レントゲン検査などをもとに病気が疑う場合は、確定的な診断をおこなうために、鎮静や麻酔下にて口の奥にある軟口蓋過長を観察します。

また、軟口蓋過長症の動物が持っている可能性の高い、喉頭小嚢反転や喉頭虚脱など、他の異常がないかも確認します。そしてもし異常が見つかり治療が必要と判断した場合は、検査と同時に麻酔下において外科的治療を行います。​

治療:

軟口蓋過長症は、内科的な治療ではわずかしか改善しません。内科治療は症状の緩和が目的となるため、しっかり治すためには、長すぎて呼吸の妨げとなっている軟口蓋を短くする、という外科的な治療が必要です。1歳齢未満が高い治療効果が得られるのに対し、より高齢になるにつれて病気が進行し治療への反応が低くなるため、若い時期に治療することがお勧めです。

また、軟口蓋過長症の他にも喉頭小嚢や喉頭の異常が認められた場合は、それらの手術も組み合わせて行います。

     

 

 

Top