よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

internal-medicine-診療科目 内科-

消化器・肝胆膵科 gastrointestinal and hepatobiliary pancreatic system

膵炎

膵炎とは:

膵臓は血液中の糖分を調節するホルモンや食べ物を消化する酵素を分泌する臓器です。
膵炎とは、この消化酵素が異常に活性化することで膵臓自身やその周りの組織を溶かし、強い炎症を起こす恐ろしい病気の一つです。

中高齢のわんちゃん、ねこちゃんに多いですが、若い子でも起こることがあります。

根本的な原因は分からないことが多いですが、高脂肪食、感染、免疫介在性疾患によるものや、消化管や肝臓、胆のうの疾患に続いて発症するなど多くの要因が考えられています。

また、肥満、高脂血症、全身の代謝性疾患(糖尿病、副腎機能亢進症、甲状腺機能低下症など)、腫瘍などはリスク因子とされています。

 

症状:

初期症状には、元気がない、ご飯を食べない、下痢が続く、腹痛などが挙げられます。特にわんちゃんでは、ひどい腹痛のため、前足を伸ばして胸を床につける「祈りの姿勢」(下図参照)をすることがあります。

また病気が進行すると1日に何度も吐く、頻繁に下痢をする、ぐったりすることなどの症状がよく見られます。

さらに病気が重症化すると、命に関わることがあるので早めの治療が重要です。

 

検査:

膵臓は小腸、肝臓、胆のうと近いため、膵臓の炎症がそれらの臓器に広がったり、ひどくなると全身性の炎症を引き起こすことがあります。

また、症状だけでは直接膵臓の病気と結び付かないことがあるので、身体検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査などで他の臓器も含め全身に異常がないかを検査し、総合的に診断します。

さらに、血液中の膵炎に膵特異的リパーゼという特異的なマーカー(下図参照)を検出することで、より迅速に膵炎の可能性を調べることができるようになりました。

 

治療:
主な治療法は内科療法で、お薬や輸液療法、療法食での食事管理などで治療します。

膵炎は強い痛みや吐き気を伴うことがあるため鎮痛剤や吐き気止めを、また他の症状に応じて様々な薬を使用します。

脱水していると病気が進行するため輸液療法を行います。輸液で脱水を改善させることで、血液の流れが良くなり、膵炎の恐ろしい合併症である凝固異常のリスクを減らします。また輸液によって膵臓への血流も良くなり、膵臓の炎症物質を取り除きやすくなります。

特にわんちゃんの膵炎では食事が影響することが分かっているので、専用の療法食で食事療法を行います。

いったん治ったとしても膵炎は再発したり、また特にねこちゃんで多い慢性膵炎では難治性の痛みが長期継続することもあるので、動物の状態をよく把握しながら内科療法の調節や療法食を継続し、日々の注意が必要です。

膵炎は重症化すると命に関わることもあることから、早めの治療が必要となりますので、何かいつもと様子がおかしいと感じたらお早めにご来院ください。

 

 

重度の腹痛により「祈りの姿勢」を示す膵炎のわんちゃん

 

 

膵特異的リパーゼ検出キット(陽性):陽性の結果は、膵炎の可能性が高いことを示します

 

超音波検査にて膵炎を疑う所見

 

壊死性膵炎のCT画像:壊死性膵炎は、膵炎の中でも特に重篤な症状を示します。

 

 

滋賀県近江八幡市 森動物病院

 

 

 

Top