よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

整形外科 orthopedics surgery

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼とは:

膝蓋骨(膝のお皿)が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。

遺伝的要因によって若齢にて発生することが多く、発生の70〜80%は内方脱臼で、その発生の多くはトイプードルやチワワ、ポメラニアンなどの小型犬です。ラブラドールやゴールデンなどの大型犬における発生もみられますが、大型犬は外方脱臼の方が多いです。

 

症状:

膝蓋骨脱臼のグレードにより症状は様々ですが、脱臼したときにキャンと鳴いたり、後ろ足をあげて歩くことがあります。そのほとんどは一時的に示すことが多いです。

脱臼が自分で整復可能なものであれば、しばらくすると何事もなかったかのように症状が治まっていることもあります。脱臼が重度の場合は、常に歩行困難を示していることもあります。

 

検査:

まずは身体検査にて膝のお皿を触診して、Singleton分類にてグレード評価をします。

グレード1:(軽度)

指で膝蓋骨を脱臼させることができますが、指を離すと膝蓋骨は正常な位置に戻ります。

グレード2:

指で膝蓋骨を脱臼させることができますが、指を離しても膝蓋骨は正常な位置に戻りません。

グレード3:

膝蓋骨は普段から脱臼したままで、指で膝蓋骨を正常な位置に戻せますが、指を離すと膝蓋骨はすぐに脱臼した状態に戻ります。大腿骨(太ももの骨)や脛骨(すねの骨)の変形を伴うこともあります。

グレード4:(重度)

膝蓋骨は普段から脱臼したままで、指で膝蓋骨を正常な位置に戻すことはできません。骨の変形も重度になってきます。

このグレード分類はあくまで外れやすさの程度を表したものであり、膝蓋骨脱臼に関連した骨の変形や関節炎の程度を評価するためにはレントゲン検査やCT検査を実施することもあります。

 

治療:

その子の年齢、グレード、臨床経過、関節の状態などを総合的に評価して、内科療法か外科療法かを決定します。

グレード2〜4の犬は手術が推奨されます。

手術にてグレードや実際の関節の状況を見て術式を組み合わせていきます。

内科療法は、安静と鎮痛剤、また関節サプリメントなどを用いて治療します。

外科療法は、歩行異常や足の機能障害、痛みが続くときに推奨されます。

手術は、滑車溝形成術、脛骨粗面転位術、内側/外側支帯の解放や縫縮術、大腿骨の骨切り術などの術式を組み合わせて治療します。

特に症状のある若齢犬、痛みの伴う犬に関しては、将来、機能障害や関節炎が進行していく可能性が高いため、早期に外科治療を行う必要があります。

 

予後:

膝蓋骨脱臼は内科療法ですぐに改善したときは良好です。ただ改善してもまた脱臼することで同じ症状を繰り返すこともあります。

外科療法では手術後に稀に再脱臼することがあります。

ただ再脱臼することなく術後良好に過ごせると、内科療法よりも将来的に骨の変形や関節炎の進行を防ぐことができます。

 

正常な膝のお皿の位置

 

左側に外れた膝のお皿

(外れているのを手術にて正常な位置に戻します)

 

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

Top