よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

脳脊髄外科 cerebrospinal surgery

脳腫瘍

脳腫瘍とは、犬や猫にも、人と同様に脳腫瘍が比較的多く認められるということが、近年、CTやMRIなどの高度医療の発達によって明らかになってきました。多くの場合は高齢で発生しますが、すべての年齢で起こりうる病気です。

脳腫瘍は原発性と転移性に分けられます。原発性脳腫瘍は脳実質や髄膜、頭蓋骨などから発生し、転移性脳腫瘍は他の臓器の悪性腫瘍が脳に転移し発生します。

 

症状は、脳腫瘍の発生場所によって様々な症状が起こります。けいれん発作が最も多く、性格が変わった、元気がない、目が見えない、うまく食べられない・歩けないなどの症状が認められます。

 

診断は、まず、臨床経過、身体検査、神経学的検査などの動物に負担をかけない検査によって脳腫瘍の疑いが強いのか判断します。もし疑いが強いと判断されるなら、CTやMRIの精密検査によって診断をします。

 

治療は、外科手術、放射線治療、化学療法、支持療法を組み合わせて治療を行います。

 

これらの治療の中から、動物の状態、脳腫瘍の種類や場所によって「この子にどのように治療をしてあげることが良いのか?」と最適な治療の組み合わせをご相談させていただきます。

 

 

Top