よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

other-treatment-診療科目 その他-

胃拡張捻転症候群

胃拡張捻転症候群とは:

胃がねじれ(捻転)、拡張し、全身の血流を遮断することで急激にショック状態に陥る病気です。緊急性の高い病気で、急死の可能性もあるため速やかな治療が必要です。

特に大型犬や超大型犬で、胸が深いワンちゃんに発生しやすい病気です。

症状:

急に元気がなくなり、吐き気や嘔吐が認められ、急激にお腹が張ります。

検査:

身体検査やレントゲン検査などで、拡張・捻転した胃を確認します。

 

治療:

胃の空気を抜き体の状態を安定化すると同時にショック状態の治療を行います。

状態により開腹手術を行うこともあります。手術では、捻転している胃を元の位置に戻し、胃を腹壁に固定し再発を予防します。

予防:

沢山の食事を一気に食べたり、食後すぐに運動をすることで発生しやすくなると言われています。特に、暑い時期は、胃内で食物が発酵するスピードが早いため、ガスの発生が起きやすく、注意が必要です。

また、拡張捻転症候群を起こしやすい大型犬と超大型犬は、避妊手術の際に胃を腹壁に固定することで将来的に胃拡張捻転症候群を起こりにくくすることも可能です。

 

 

 

 

 

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

Top