よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

腫瘍外科 oncology surgery

肝臓腫瘍

肝臓腫瘍

 

肝臓腫瘍とは:

まず肝臓腫瘍も含めて腫瘍は、原発性と転移性に分けられます。

原発性の肝臓腫瘍は、肝臓や胆管を由来として、一般的に肝臓の1葉あるいは2葉の一部に発生し、塊状で大きくなることが多いです。孤立性の塊状の肝臓腫瘍は、肝細胞癌が最も多く、続いて結節性過形成(良性)など様々な腫瘍が認められます。その他にリンパ腫、血管肉腫、組織球肉腫、肥満細胞腫なども肝臓で認められます。

転移性の肝臓腫瘍は、他臓器で発生した悪性腫瘍が肝臓に転移することで腫瘍が発生します。(他臓器からの転移は肺や肝臓が多い。)転移性腫瘍は大きな塊よりも小さな腫瘍を多数形成することが多いです。

原発性は良性と悪性に分かれ、大きくなるが転移が少ない腫瘍もあります。転移性は全て悪性腫瘍であり、一般的に経過は悪いです。

 

症状:

肝臓腫瘍に特徴的な症状はなく、食欲不振、体重減少、嘔吐、水をたくさん飲む、お腹が張ってくるなど様々な症状を示します。

たまたま健康診断などで発見されることも意外に多く、偶然発見されるため症状を示さないこともあります。ただし、腫瘍が大きくなり、破裂してから、ぐったりすることで気づくこともあります。

 

診断:

肝臓腫瘍は各種検査にて発見することができます。転移性であることが多いため、他の臓器にも腫瘍がないか調べるために全身のスクリーニング検査(血液検査、胸部・腹部レントゲン検査、超音波検査など)も必要です。血液検査にて肝数値の上昇がないか、レントゲン検査にて肝臓の腫大がないか確認したり、超音波検査にて肝臓の内部にある大小の腫瘤がないかなど判断することに有用です。

腫瘤が巨大な場合は、手術にてお腹を切ったが切除できなかったとならないように、さらに詳細に形態学的タイプ、発生部位、転移の有無、重要な臓器との関連性を把握するためにCT検査を実施し、外科手術ができるか否かを総合的に判断します。

 

治療:

腫瘍の種類によって異なりますが、最も発生が多い肝細胞癌に関しては非常に大型の腫瘤を形成しますが、比較的進行が遅く転移率も低いため、外科手術が第 1選択の治療方法です。現在、肝細胞癌に対しては有効な内科療法(抗ガン治療など)は見つかっておりません。他の種類の腫瘍に関しても様々な治療が存在しております。どんな腫瘍であっても、より良い生活を過ごせるようにしていきます。腫瘍がどんどん大きくなっていくと、将来的に多臓器への圧迫や転移により、食欲不振や嘔吐などの症状が悪化してくることが予想されます。治療内容としては、手術の他にも内服薬、点滴、注射などによって治療をすることもあります。

 

予後:

予後は肝臓腫瘍の種類や形態学的タイプにより大きく異なります。

犬に最も発生が多い肝細胞癌は塊状の場合、手術を行わないと1年も生存できませんが、手術をすることによって4年以上生存できる子も多いです。ただ、中には転移が早く、長期間生存できない種類の悪性腫瘍も存在しております。

そのため、肝臓に大きな腫瘍があるというだけで治療をあきらめる必要はありません。まずはご相談ください。

 

 

 

  

超音波画像

 

手術画像

 

 

手術画像

 

 

肝臓内への転移

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

Top