よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

internal-medicine-診療科目 内科-

循環器・呼吸器科 cardiovascular and respiratory system

短頭種気道症候群

短頭種気道症候群:

短頭種に特有の平坦な顔面、円形の頭部、そして短く太い頸部など、頭頸部の解剖学的構造に起因する閉塞性気道障害の総称です。多くは、狭窄性外鼻孔、軟口蓋過長症、喉頭室外反および喉頭虚脱、気管低形成あるいは気管虚脱など複数の病気が関わっています。

生後間もなく遺伝的素因により発現し、慢性経過をたどりながら徐々に悪化することがあります。

パグ、フレンチ・ブルドック、ボストン・テリア、イングリッシュ・ブルドック、シーズー、ペキニーズなどに代表される鼻の短い短頭種において多くみられる病気です。猫でもチンチラやペルシャなどの鼻がペチャっとした種類では時々みられます。

 

症状:

激しく早い呼吸、いびき、特に空気を吸う時に激しい喘息に似た狭い音がみられ、重症になると呼吸困難、高体温、運動不耐性、 嚥下困難、 食欲低下が顕著となり、失神することもあります。熱中症にもなりやすく危険もあり、呼吸器症状とは別に、嘔吐、下痢などの消化器症状を示すこともあります。

病的な呼吸がみられるにもかかわらず、短頭種はこれが普通と飼い主さんが認識していないケースが多く見られます。徐々に悪化することも十分考えられますので、早い段階での診断と治療が求められます。

診断:

狭窄性外鼻孔は肉眼で診断できますが、それ以外に複数の病気がどのように関わっているかは麻酔下による検査を行わなければ確定診断はできません。いびき、呼吸困難、睡眠時無呼吸症候群などの吸気時の努力呼吸が見られる場合は関わっている可能性が高いです。

そこで、他の呼吸器疾患がないか判断するためにも、まずはレントゲン検査を行います。

​確定的な診断をおこなうために、鎮静や麻酔下にて口の奥にある軟口蓋過長、喉頭小嚢反転や喉頭虚脱などの複数の病気の関わりを見極めます。そして同時に麻酔下において治療すべき病態に対して外科的治療を行います。​

 

治療:

短頭種気道症候群は、内科的な治療では少し改善しますが、完全には治りません。もし内科治療を行う場合には、症状の緩和が目的となり、しっかり治すためには外科的な治療が必要となります。1歳齢未満が高い治療効果が得られるのに対し、より高齢になるにつれて病気が進行し、治療に対する改善率が低くなってくるため、若い時期に治療することが推奨されています。

鼻腔狭窄症の場合は鼻腔を広げ、軟口蓋過長症の場合は伸びた軟口蓋を切除し、喉頭小嚢反転症の場合は反転した喉頭小嚢を切除する手術を行います。短頭種気道症候群の場合、これらの手術を組み合わせて行います。

当院での治療としては、「外鼻孔拡大術」「軟口蓋切除術」「喉頭小嚢切除」「披裂軟骨側方化術」などを実施しております。

 

​予後・予防:

手術後は閉塞性の呼吸音が少なくなり、熱中症になる危険が減ったり、いびきが減ったり、呼吸が荒くなることが減ったりと、生活の質が改善します。

発症が1歳未満であるならば、病態の複合化を防ぐためにも早期に外科的な治療を行うことで高い改善が期待できます。

高温多湿で症状が急激に悪化するため、夏期の外出や気温・湿度の調整に注意しましょう。また、異常な興奮や肥満にて呼吸が悪化することが多いためを避けましょう。

 

正常な鼻孔の大きさ(短頭種以外の鼻孔)

 

 手術前(鼻孔狭窄)

 

 外鼻孔拡大後

 

 手術前

 

 軟口蓋切除後

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

Top