よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

internal-medicine-診療科目 内科-

循環器・呼吸器科 cardiovascular and respiratory system

気管虚脱

 

気管虚脱とは:

 

犬でよく見られる呼吸器の病気で、呼吸する時に気管の一部がつぶれてしまい、咳やガーガーといった呼吸状態を示します。中高齢の小型犬(ポメラニアン、ヨークシャテリアなど)に多く発生しますが、若齢や中・大型犬にも発生することもあります。原因は不明で、重症な場合は、呼吸困難にて死亡する危険性もある病気です。

 

 

症状:

 

軽い咳から始まり、ガーガーといった特徴的な呼吸、重症だとチアノーゼを示す呼吸困難にまで進行することもあります。

興奮しやすい子や暑いとき、また太っている子や気管の弾力性の低下した高齢でより重症化しやすく、高熱やチアノーゼが生じ、命の危険性も認められます。

 

 

検査:

 

レントゲン検査にて診断でき、吸気や呼気のタイミングで撮影することでより気管が虚脱していることが判断できます。

 

 

治療:

 

症状が軽症の場合は内科療法を行います。様々な鎮咳剤、抗炎症剤などを使用したり、興奮や肥満を改善させることで日常生活をより快適に過ごせるようにします。

内科治療にて上手くコントロールできないような症状が重症の場合は、状態が悪くなる前に外科療法を行います。外科療法としてはステントで内側から気管を拡張させる方法、プロテーゼで外側から気管を拡張させる方法などがあります。気管を拡張させることで呼吸困難にならずに快適に生活ができるようになります。

 

気管虚脱は改善することができます。呼吸がしんどくて生活しにくい場合は早めにご相談ください。

 

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

 

 

Top