よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

軟部外科 soft tissue surgery

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは:

子宮の中に細菌感染が起き、膿が溜まってしまう病気で、避妊手術をしてない雌犬に起こる病気です。

中高齢で多い病気ですが、若齢でも認められることもあり、また犬に多い病気ですが、猫にも認められることもあります。

 

症状:

元気消失、食欲低下、発熱、多飲多尿、陰部から膿が出る、陰部をよく舐める、嘔吐、お腹が張っているなど認められます。

一般的には発情があった時期から約1-2か月してから発症することが多いです。

状態が悪くなってくると、子宮の中にある細菌がお腹の中に漏れてしまったり(腹膜炎)、血液によって全身に広がって(敗血症)、最終的に亡くなることもあります。

 

検査:

身体検査、血液検査にて全身の状態を把握し、レントゲン検査や超音波検査にて子宮に膿が溜まっているか判断します。

 

治療:

治療は内科療法と外科療法があります。

内科療法では、クスリにて体の中の細菌(特に大腸菌)を減らし、膿を体の外に出していきます。全身状態の良い子は内科療法で改善することもありますが、再発してしまうことも多いです。

そのため一般的に子宮蓄膿症の治療としては外科療法が推奨されます。避妊手術と同様に卵巣と子宮を摘出し、早い段階で実施すると2-3日以内に元気になることができます。

治療が遅れてしまったり、お腹に膿が漏れてしまったりして状態が悪くなりすぎると、手術自体にも耐えれなくなってしまうため、早い段階で安全に手術することをオススメします。(そのため病気を見つけてからは早急な対応が必要になります。)

(この病気の予防法としては、避妊手術をしていない雌犬の病気であるため、妊娠・出産をさせる予定がない場合には若い時に避妊手術をしておくことをオススメします。)

 

 

子宮蓄膿症

 

正常な子宮・卵巣

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

Top