よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

整形外科 orthopedics surgery

大腿骨頭壊死症(レッグ・カルベ・ペルテス病)

大腿骨頭壊死症は、小型犬に起こる股関節の病気で、別名レッグ・カルベ・ペルテス病やレッグ・ペルテス病など様々な名前で呼ばれています。股関節にある大腿骨頭が虚血し、血液や栄養が行き届かず、骨が壊死して激しい痛みが出る股関節の病気です。

 

小型犬(トイプードルやヨークシャテリアなど)の成長期(約1歳まで)に起こることが多く、ほとんどが片側のみですが、両側に起こる場合もあります。

初めは歩き方の違和感から始まり、徐々に足の痛みによって足に体重をかけなくなったり使わなくなったりすることで、筋肉が落ちてしまいます。

 

診断は、歩き方の観察や身体検査、関節・筋肉の触診から病気が疑われるとレントゲン検査で大腿骨頭部の異常、股関節や他の関節の異常の有無を確認します。病気の初期ではレントゲンにて異常が検出できないことがあるので、その場合は定期的な診察やレントゲン検査が必要なこともあります。

 

治療は、運動制限や鎮痛剤を使うことで、症状が多少は改善しますが、ほとんどの場合で痛みを完全に取り除くことはできません。根本的な原因を解決し将来的に他の関節に負担がかからないようにするには、手術にて異常な大腿骨頭骨頚部を治療する必要があります。きちんと手術で治療をすることで、ほぼ100%のワンちゃんが痛みなく歩くことが可能になります。若い子でなりやすい病気のため筋肉が落ちたり、痛みが続く前に治療することをオススメします。

また、手術後は積極的なリハビリテーションがより良い回復につながります。

 

骨頭部が変形して痛みを出している状態(大腿骨頭壊死症)

 

手術後

 

上のレントゲンの子は、8ヵ月齢のトイプードル。

手術後、徐々に回復し、現在は痛みなく走っています。

Top