よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

口腔外科 oral surgery

口腔内腫瘍

口腔内腫瘍

 

犬・猫の口腔内は腫瘍がよく発生する部位です。口腔内腫瘍は他の部位と同じで良性と悪性があり、悪性腫瘍では、主に犬に発生しやすいのはメラノーマ、扁平上皮癌、線維肉腫、猫に発生しやすいのは扁平上皮癌、線維肉腫があります。

 

症状は、

腫瘤の発見以外に、口臭、よだれ、口からの出血、食べ方の変化、嚥下困難、体重の減少などが一般的です。肺に転移しやすい悪性腫瘍もあるため、呼吸困難で発見されることもあります。

 

診断は、

口腔内の腫瘍の早期発見には、定期的な口の中を観察することが重要です。年齢が上がるにつれて腫瘍の発生率は高くなりますが、歯周病からの歯肉炎や口内炎も発見されることが増えてきます。

まずは、口腔内の観察にて調べます。そこで口腔内腫瘍の可能性があるなら、リンパ節転移の有無、肺転移の有無を確認します。一般的には大きくなってくる前に外科切除することが第一選択になることが多いため、全身状態の把握のために血液検査、レントゲン検査、腹部超音波検査などを実施します。口腔内の病変の詳細や周囲組織への腫瘍の広がりの程度は視診や触診のみでは分からないため、CT検査を実施します。さらに、病理組織検査を同時に実施します。

以上の検査所見から原発腫瘍の大きさ(T)、領域リンパ節(N)、遠隔転移の有無(M)にて評価し、臨床ステージ分類を実施します。

 

治療は、

外科治療・放射線治療・化学療法・免疫療法などがあり、

多くの口腔内腫瘍は腫瘍が限局している場合、治療の第一選択は手術による腫瘍の切除です。
口腔内の悪性腫瘍は周囲の組織や顎の骨に広がっていることが多いため、周囲組織や顎の骨を含めた切除になることもあります。腫瘍の種類、発生部位や浸潤の程度により切除範囲を決定します。

放射線治療は局所のコントロールには有効な治療法です。
外科手術と組み合わせて根治を目的とした照射や腫瘍の縮小を目的とした緩和照射など利用方法は様々あります。

化学療法単独での口腔内腫瘍の局所コントロールは困難ですが、外科手術や放射線療法と組み合わせて使用することで効果を示します。特に、犬のメラノーマや犬・猫の扁桃の扁平上皮癌のような高い遠隔転移率を持つ腫瘍で適応となります。

免疫療法は、犬のメラノーマなどの口腔内悪性腫瘍において効果が期待されています。
しかし、免疫療法はまだまだ今後、さらなる研究が期待されている治療法になります。

 

口腔内腫瘍は早期治療が大切です、発見したら早めにご来院ください。

 

 

滋賀県近江八幡市 森動物病院

 

Top