よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

internal-medicine-診療科目 内科-

循環器・呼吸器科 cardiovascular and respiratory system

僧帽弁閉鎖不全症

 

僧帽弁閉鎖不全症とは:

僧帽弁閉鎖不全症は犬で最も多い心臓病で、中高齢の小型犬で多く認められます。

マルチーズ、シーズー、ポメラニアン、チワワ、プードル、ダックスフント、シュナウザーなど多くの犬種にみられますが、特にキャバリア・キング・チャールズスパニエルには若いときから発症することが知られています。

心臓には4つの部屋があり、僧帽弁とは、左心房と左心室の間にある弁で、血液が逆流するのを防いでいます。

この弁が変性し異常が生じると、弁がうまく閉まらないようになり血液の逆流が起こります。そのため全身にうまく血液を送り出せなくなってしまいます。

初期の段階では、心臓が頑張って働くことにより、全身には大きな影響はありません。

しかし、頑張りすぎると心臓は徐々に大きくなり、頑張り続けた心臓が限界を迎えると、血液を十分に送れなくなり、心不全の状態となります。

さらに心臓が大きくなると心臓だけでなく肺に必要以上に血液がたまるようになり、肺水腫になります。
肺水腫になると水中で溺れているのと同じ状態になり、とても呼吸が苦しくなってしまいます。

また心臓がうまく血液を送れないと、心臓や肺だけでなく、肝臓や腎臓など全身に悪影響を及ぼすことにもなります。

 

症状:

早期の場合、無症状です。当院ではワクチンやフィラリアなどの定期健診のとき、トリミングやペットホテルのときに、聴診にて心臓の雑音が発見されることがほとんどです。

色々な症状がみられますが、多くの子で最初に認められる症状は咳です。ノドにひっかかったような咳が、主に興奮時や、夜〜朝に認められ始めることが多いです。

更に病気が進んでくると、疲れやすくなったり、痩せてきたりといった症状が出てきます。

心不全の状態へ進行すると肺水腫となります。
肺水腫になると、酸素交換が上手く出来なくなるため、酸欠状態となり、呼吸が粗くなったり、舌の色が紫色になるチアノーゼが認められます。
また、興奮時や運動時、不整脈による失神にて倒れることもあります。

しかし、このような症状が出てしまう時には、かなり重度となってしまっている場合が少なくありません。

 

検査:

心臓病が疑われたら聴診、血圧測定、血液検査、心電図検査、レントゲン検査、超音波検査が必要になります。

聴診では心臓のどこでどのような雑音が聞こえるのか、肺に雑音がないかを確認します。

血圧が高いと心臓病以外の病気が隠れている可能性がありますし、薬などの影響で低血圧になる可能性もあります。

血液検査では心臓病以外の病気が隠れていないかどうかを確認します。薬が必要な場合、腎臓や肝臓に負担がかかってないか確認もします。また、心臓への負担を確認することもできます。

心電図検査では不整脈が出てないか、波形の形が正常かどうかなど確認します。

レントゲン検査では心臓の形や大きさ、肺の様子、胸水・腹水の有無などを確認します。

超音波検査は心臓の中を確認することができます。僧帽弁の形態や動きを見たり、4つの部屋の大きさ、血流の方向や速度を測ることができます。
発症当初は症状がなく、聴診器で心臓の雑音が聴取されるのみですが、この時期での早期発見、そして早期治療が大事になってきます。

 

治療:

僧帽弁閉鎖不全症の主な治療は内科的治療、つまりお薬の内服によるものになります。

基本的に、お薬を飲み続けることが必要で、病気の進行に伴って、使用する薬も複数となることがあります。

お薬による治療は心臓の病気そのものを治すものではなく、病気がそれ以上進行しないように、もしくは症状の軽減が主な目的となります。

 

最近では、お薬による治療の他に、外科的治療として手術によって弁を修復する治療もあります。手術については、難易度の高い外科技術、長時間麻酔の危険性、手術後の合併症、費用などがあるため、実施している病院は限られています。当院でも、ご希望の方には信頼できる施設を紹介させて頂いています。

 

 

生活上での注意点:

・自宅で安静にしている時に呼吸数や舌の色をチェックする。

(呼吸数が多くないか >40回/分、舌の色が悪くないか)

・食欲、体型、被毛、散歩での様子を観察する。

(食欲あるか、痩せたり太ったりしていないか、毛ヅヤは良いか、散歩中疲れやすくなってないか)

・薬の与え忘れを避ける。

・高温・多湿は避ける。

・過度な運動は避ける。

・塩分の多い食事は避ける。(心臓用フード)

 

 

症状が出る前から治療を開始することによって、心不全になるのを遅らせることが出来るとされています。ひどくなる前の早期発見・早期治療により、心臓病とうまく付き合っていくことで、進行を遅らせ、寿命も延びるようにしていきましょう。症状が見えない初期の心臓病を発見し、少しでも長い年月を健康で幸せな生活を送るためにも定期的に健康診断にいらしてください。

 

 

 

 

胸部レントゲン検査

 

 

 

 

心臓エコー検査

 

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

 

Top