よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

軟部外科 soft tissue surgery

会陰ヘルニア

会陰ヘルニアとは:

おしり周辺(会陰部)の筋肉が薄くなることで、肛門周りのスペースに腸や膀胱が飛び出してしまう(ヘルニア)することで、排便・排尿ができなくなってしまう病気です。一般的に去勢手術のしていない中高齢の犬が多いです。

 

症状:

肛門周りが膨らむ、尿や便が出にくいなど示すことが多いです。

 

検査:

直腸検査、尿検査、血液検査、レントゲン検査、造影レントゲン検査、超音波検査によって何がヘルニアしているのか、体にどのように悪影響を与えているのか調べます。

 

治療:

治療には内科療法と外科療法があります。

内科療法としては、便を出やすくするクスリを与えたり、便が出やすくなるフードを与えたりします。膀胱や腸が肛門の横から飛び出してヘルニアになっていると中に戻して尿や便が出るようにします。 ただ内科療法をしていても、急に尿や便が出にくくなりぐったりしたり、クスリやフードで効果を示さず致命的になることもあります。 そのため会陰ヘルニアを根本的に治すには、外科療法が推奨されます。

外科療法としては、手術で1.ヘルニアを閉鎖すること、2.腸や膀胱などの内臓をヘルニアさせないようにすることです。会陰ヘルニアは再発が多いため手術方法も色々考案されております。

ヘルニアを閉鎖する方法としては、内閉鎖筋、半腱様筋、仙結節靭帯、総鞘膜などの生体組織を用いて整復する方法、ポリプロピレンメッシュなどの人工材料を用いて整復する方法があります。基本的には生体組織を用いて整復しますが、あまりにもヘルニアが大きい場合や再発する可能性が高い子に関してはメッシュなどを用いて整復することもあります。また片側だけでなく両側でヘルニアになってたり、手術後に反対側がヘルニアになってくることもあるため両側ともに手術をする場合もあります。

内臓をヘルニアさせないようにする方法としては、結腸固定や膀胱固定をしたり、進行を防ぐために去勢もします。

(会陰ヘルニアの発生には男性ホルモンも関係しているため、この病気の予防法としては若い時に去勢手術をしておくことをオススメします。)

 

 

 

滋賀県近江八幡市   森動物病院

Top