よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

surgery-診療科目 外科-

軟部外科 soft tissue surgery

軟部外科は、整形外科・神経外科・口腔外科・眼科以外の全ての体の部分に関する外科です。

動物では、心臓や肺などの胸部外科や肝臓・胆のう・脾臓・消化管・泌尿生殖器などの腹部外科がよく遭遇する軟部外科の病気です。

症例紹介

子宮蓄膿症
会陰ヘルニア
チェリーアイ(瞬膜腺脱出)
短頭種気道症候群
先天性 門脈体循環シャント
膀胱結石
胆嚢粘液嚢腫

腫瘍外科 oncology surgery

腫瘍外科は、動物の体の表面にある皮膚の腫瘍(できもの)から眼に見えない体内の腫瘍まで様々なものに対応します。

動物も高齢化とともに色々な腫瘍を患います。

腫瘍の治療方法は種類によって様々ですが、手術が一番効果的な腫瘍は数多くあり、その場合手術で腫瘍を摘出することで動物の寿命や生活の質を向上することができます。

症例紹介

肝臓腫瘍
乳腺腫瘍
脾臓腫瘍

脳脊髄外科 cerebrospinal surgery

ミニチュアダックスフンドで有名な椎間板ヘルニアや脊椎と呼ばれる、頭まからしっぽまでの体の軸をなす骨の連なりの骨折や脱臼は、脊髄外科が治療の選択肢の一つです。また獣医療の診断レベルが上がったことにより、手術で治せる可能性のある脳腫瘍への理解も深まってきました。

症例紹介

てんかん
脳腫瘍
椎間板ヘルニア

整形外科 orthopedics surgery

整形外科は骨の骨折やヒビ、関節の脱臼や形の異常、靭帯の損傷などの病気をはじめ、生まれながらに持っている骨の異常にも対処することができます。

当院では各動物の状態は病気に合わせた方法を取れるよう、様々な整形外科の治療方法を備えています。

症例紹介

大腿骨頭壊死症(レッグ・カルベ・ペルテス病)
骨折
前十字靭帯の断裂

口腔外科 oral surgery

口腔外科は、歯周病によるスケーリング・抜歯・歯肉(はぐき)の縫合、口の中にできた腫瘍(できもの)の摘出をはじめ、唾液腺の病気や、短頭種(パグ・ブルドッグ・ペルシャ猫・エキゾチック猫などm顔の長さが短い動物)に起こりやすい喉の病気など様々なものに適応されます。

症例紹介

乳歯遺残

Top