よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

About-当院について-

手術について About Surgery

手術を受ける・麻酔をかけるということは、動物とご家族ともに大変不安なものです。
そのような不安を少しでも理解し気持ちに寄り添えるよう、より安心して手術を受けられるよう、病院全体でサポート致します。

当院では動物の負担をできるだけ少なくするため、個々の状態に合った麻酔薬の使用、痛みを少なくするための鎮痛剤、手術中の動物の状態を細かく正確に判断できる高度モニタリング機器、より安全で迅速な負担の少ない手術を行うためのチームワーク・高性能な手術機器を備えております。
そして最新の獣医療と医療の情報や技術を積極的に取り入れ、病院全体で研鑽し、チームワークを高め、動物が元気な状態で退院できるよう努めております。

なお、手術は完全予約制となります。
手術・麻酔に関しての疑問点や不安なことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。

手術の流れ

Flow01

手術当日

午前診の時間内に来院下さい。当日は絶食。水は与えて頂いて結構です。
胃の中に食べ物が残った状態で麻酔をかけると胃内容物が逆流し誤嚥や消化管炎などのリスクが増します。胃に内容物が残っている場合は、動物の安全を優先し手術が延期になります。
手術予定の日は、原則として診察を行ってからお預かりしています。麻酔・手術の説明、当日の身体の状態の確認、麻酔や手術を受ける準備が整っているかの判断を行います。また必要な検査などの相談をさせて頂く場合もあります。気になることや不安なことがあれば遠慮なくお尋ね下さい。
Flow01

手術前

お預かりしてから手術までの間、動物の状態を確認し、必要な検査や処置がある場合はそれらを行います。
Flow01

手術

手術前の診察や検査をもとに予定通り手術が可能と判断されれば、実際の手術に入ります。
手術は全身麻酔にて行うため意識がなくなり眠った状態になりますが、痛みをなるべく感じないよう適切な鎮痛剤や局所麻酔も使用します。
また、手術中の身体の状態をサポートするため、適切な点滴や体温調節などを行います。手術をより安全・迅速に行うためにスタッフ同士の連携やコミュニケーションを小まめに行っています。
Flow01

手術中の管理

全身麻酔をかけると身体は眠った状態になるため、心拍、呼吸状態、酸素濃度、二酸化炭素濃度、血圧、体温、麻酔深度など、あらゆる方向から状態を管理します。
当院では、人の医療でも多く用いられている麻酔器やモニタリング器を使用しています。
麻酔に関して
Flow01

術式

手術の方法は、動物それぞれの状態や年齢に合わせてご家族と相談しながら決定します。
より正確かつ迅速、負担の少ない手術を行うために最新の設備を整え、情報を頻繁に更新するよう日々努力しています。
設備を見る
Flow01

手術後

手術が終了し、動物が麻酔から覚醒する間も身体の状態を慎重に管理します。
動物が麻酔から覚めて意識が確実に戻っているか確認します。
動物は自分で異常を訴えることができないため、手術中に引き続き覚醒後まで身体の状態を生体情報モニターなどを用いて管理します。
Flow01

入院・面会

麻酔から覚め、動物の状態が落ち着いたら入院室へ移動します。
移動後も全身状態を確認し、入院室の酸素濃度や温度、点滴量の調節などを行います。
手術の種類や動物の状態によって入院日数は異なります。
手術の翌日から面会に来て頂くことができます。
面会の際は診察時間内に来院頂き、受付を済ませて下さい。受付け順番通りのご案内になります。
入院について

麻酔について About Anesthesia

麻酔の役割は動物を眠らせるだけではありません。
手術が安全に行えるのはもちろん、痛みやストレスから身体を守り、全身の状態を良好に維持することを目的としています。

・心臓の動きや血液のめぐり、血圧を整える循環管理
・肺できちんと酸素や二酸化炭素の交換ができる呼吸管理
・生命維持に欠かせない体温管理
・身体への最大の負担となる痛みを和らげる疼痛管理

麻酔はこれらを中心に患者さんの全身状態を維持しています。

麻酔の合併症 Perioperative Complication

合併症は、麻酔を受ける全ての方に起こりうることです。当院では安全性の高い麻酔薬や高度麻酔器や生体情報モニターを使用し、術前の診察や検査結果をふまえて細心の注意をはらうことで、合併症のリスクを限りなく下げています。
しかし、医療行為である以上、100%の安全はあり得ません。

合併症に際しては、常に最善の予防と対処を行うようスタッフ全体が心がけています。

麻酔薬・鎮痛薬の種類 Anesthetics and Pain Management

麻酔には大きく分けて、意識のない完全に眠った状態にする全身麻酔と、身体の一部のみ痛みを感じなくする局所麻酔があります。

当院ではより安全性の高い麻酔薬・鎮痛薬を使用していますが、それでも使用する麻酔量を必要最低限に留めるため、複数の麻酔薬・鎮痛薬を合わせて使用し、さらに安全な麻酔管理に努めています。

入院について About Hospitalization

大切なご家族が安心して入院できるよう、入院設備や入院環境に細心の配慮をしています。
ワンちゃん、ネコちゃんなど動物の種類によって入院部屋が別れており、適切な空調管理も行っています。
また普段の生活にできるだけ近づけるよう様々な工夫も行っています。
設備を見る

CT依頼・手術依頼

当院では近隣の動物病院様向けに、CT検査及び、手術の依頼をお受けしております。
下記お申込みフォームに必要事項をご入力の上送信して下さい。

動物病院名
ご担当者名
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス確認
電話番号
依頼項目
依頼内容
希望日※希望日を3つまでご入力下さい。


既往歴※できるだけ詳しく お願い致します
Top