よくある質問
ウェブ予約
トップへ戻る
医院様向け:CT依頼・手術依頼

medical-診療案内-

診療方針 診療方針 
				Policy

身近なかかりつけ医として、親身になったサポートを

当院は近江八幡で親子3代つづく動物病院です。

診療を行う上で私たちが心がけているのは、動物たちはもちろん、ご家族様の想いに応えること。そのためにどんな小さな不安や疑問も気軽に話していただけるアットホームな雰囲気を大切にし、ご家族様にとって最良の治療とケアを一緒に考えていきます。
また動物も人と同じように年齢によって生活環境での注意点、なりやすい病気、適切な栄養バランスなどが異なります。動物のライフステージ(幼少期、成長期、中齢期、高齢期)にも配慮した診療を行います。

来院時のお願い 来院時のお願い

  • ワンちゃんは首輪、リードを必ず付けていただき、ご来院ください。
  • ネコちゃんをお連れの方はキャリーケースや袋(洗濯用ネットなど)に入れて、ご来院ください。
  • 他の動物に驚いて逃げ出すと危険ですので、待合室ではワンちゃんはリードを持っていただき、ネコちゃんはキャリーケースや袋の中から出さないでください。
  • 待合室ではむやみに他の動物に触れないよう、ご配慮ください。

症状を言葉で表しにくい場合 症状を言葉で表しにくい場合

動物たちは言葉を話せません。ご家族様でも判別しにくい症状があるかと思います。動物たちの症状をできるだけ客観的に伝えていただくために自宅で動画を撮影していただき、診察時にお見せくださると診察の助けになります。

動画はカメラ付き携帯やデジタルカメラの動画で十分です。また、メモなどで様子をご記入いただき伝えていただくことも診察を行う上で大変助かります。

セカンドオピニオンなどで当院を受診される予定の方は、今までの検査結果のデータや内服中のお薬をご持参頂けると診察がよりスムーズになります。

[診療動物]犬 Dog

体の小さいワンちゃんはもちろん、大きいワンちゃんでも快適に診療を受けて頂ける環境でお待ちしています。

  • 病院前の広いスペースでお散歩ができるので、待ち時間もストレスなくお待ちいただけます。
  • 待合いスペースはネコちゃんとは別れており、広さも十分にありますので、他の動物が苦手なワンちゃんや大型犬も室内でお待ちいただけます。
  • 診察室・診察台は共に大きいサイズをご用意していますので、大型犬の診察も問題ありません。
  • 入院室も小型か大型まで、様々なサイズをご用意していますので、快適な入院をご提供できます。

[診療動物]猫 Cat

慣れていない場所や匂いで不安になるネコちゃんの不安を、少しでも取り除けるよう様々な工夫をしています。

  • Cat Friendy Clinicゴールドアワードを2015年に取得してから、現在まで毎年連続で取得しています。
  • キャリーカバーを隠すブランケットの貸出はもちろん、スタッフも猫に優しい様々な知識をもって接しています。
  • 数種類の食器やトイレ、敷物を用意し、ネコちゃんがリラックスできるような環境づくりを心がけています。
  • 地域に不幸なネコちゃんを増やさないために、野良猫の避妊・去勢手術も迅速に対応致します。

診療の流れ 診療の流れ 
				flow

私たちは「その場限りのお付き合い」ではなく、「大切な家族の一員であるペットと一生のお付き合い」をするために、最適な診療を行いたいと思っています。
flow01

受付

当院のご利用がはじめてのお客様は、まずはご来院ください。ご来院された事がある方はこちらからインターネットにて受付をすることができます。
flow02

待合室

待合室のスペースは2つに区切られており、他の動物が苦手でも安心してお待ちいただけます。待ち時間に外出される方は受付に一声お掛けください。お車で待たれる場合はお車のナンバーや特徴をお伝え頂ければスムーズにご案内出来ます。
flow03

診察

診察の順番になりましたら、案内された診察室にお入りください。
診察室での静かな環境で、ゆっくりお話を聞きながら診察致します。
flow04

検査・治療

病状に応じてその子に必要な検査や治療の内容を、ご家族と相談しながら進めさせて頂きます。
flow05

お会計・再診予定

診療後にお薬や療法食をお渡しします。お会計は受付スタッフからお声をかけますのでお待ち下さい。
flow06

ご帰宅後

お薬を与えた後に異変や心配なことがあればご連絡下さい。
それ以外の理由で、獣医師の指示なくお薬を止めたり変えたりすると、副作用のリスクがあるだけでなく、効果を判定できなくなり治療が長引くことがあります。投薬が難しいときは、病院までご連絡ください。

 予防医療  予防医療 Preventive Medicine

健康であるためには、まず病気にかからないことが重要です。当院ではご家族様との対話を大切にし、適切な予防や健康管理のアドバイスに努めています。そして、万一の場合の早期発見・早期治療につなげています。
去勢・避妊 Neuter and Spay 去勢・避妊手術は全身麻酔をかけてワンちゃん、ネコちゃんの卵巣と子宮、または精巣を取り除く手術です。去勢避妊手術を行うことにより、将来的に内在する沢山の病気のリスクを下げると共に、ワンちゃん、ネコちゃんの発情期に特有の問題行動を抑制する事が出来ます。また近年問題になっている、飼育放棄、多頭飼育崩壊などもしっかりとした去勢・避妊がなされていないのが原因です。この様なことから、森動物病院では地域に不幸なワンちゃん、ネコちゃんを増やすことの無いように、野良犬、野良猫の去勢・避妊手術も出来るだけ即時に対応しています。

去勢・避妊手術のメリット

  • 発情出血・発情ストレスがなくなる。
  • 望まない妊娠・繁殖を防ぐことが出来る。
  • 攻撃性が低下して、マーキングやマウンティングが減る。
  • 肛門周囲腺腫・会陰ヘルニア・前立腺疾患・子宮蓄膿症・卵巣疾患・乳腺腫瘍等の病気のリスクが低下する。

去勢・避妊手術のデメリット

  • 手術後は繁殖させたくても繁殖出来ない。
  • 肥満傾向になるため、運動とバランスの良い食事ケアが必要になる。
  • 全身麻酔をかけるため、負担に耐えられる体重・年齢まで施術出来ない。
デンタルケア Dental Care 人と同じで動物にとっても歯はとても重要な部位ですが、自分で歯を磨けないため、年齢と共にほとんどが歯周病にかかってしまいます。ゆえに、ご家族によるケアが非常に重要です。一旦ついてしまった歯石は歯周病の進行を防ぐために除去が必要です。動物が起きている状態での歯石除去は歯を傷つけてしまうリスクや他の病気を見逃してしまう可能性があるため、全身麻酔で行う必要があります。当院では歯ブラシや体に負担のないデンタルガムなどの適切なデンタルケアをアドバイスさせていただいております。すでに歯石除去の処置が必要なワンちゃんネコちゃんはもちろん、今は問題ない場合も生涯健康な歯・歯ぐきで生活していただくために、その子に合ったデンタルケアを一緒に考えます。

ワンちゃん、ネコちゃんドック Medical Checkup

ワンちゃん、ネコちゃんたちは1年で4歳ずつ歳を重ねていくため、いつまでも健康で元気でいるためには、日頃からの体調管理が大切であり、定期健康診断による病気の早期発見・早期治療が重要と考えております。「健診ドック」では、朝から夕方までお預かりし、下記の項目の中から、その子の状態や年齢などに見合った検査を相談しながら行います。
  • 身体検査
  • 糞便検査
  • 尿検査
  • 血液検査
  • レントゲン検査(胸部、腹部)
  • 腹部超音波検査
  • 心エコー検査
  • 心電図検査
  • CT検査
※完全予約制となります。
※予約状況やサービスの詳細はお気軽にお問い合せください。

予防注射 Vaccination

大切なご家族の健康を守るため、予防注射での予防を必ず行ってください。

予防注射の効果を保つためには定期的な接種が必要です。定期的な予防注射を行うことで、命に関わる伝染病の発症や重症化を防ぐことができます。

また予防注射で予防できる病気の種類には、狂犬病やレプトスピラ症など人にうつるものもあります。予防注射のタイミングや、疑問はお気軽にご相談ください。

詳しく見る

栄養指導 Nutrition Coach

認定栄養管理アドバイザーが、ワンちゃん、ネコちゃんなど大切なご家族に合った病気予防のアドバイスを行っています。
また、毎日の健康の基礎となるフードをお買い求めいただく際は、一度、実際にワンちゃん、ネコちゃんに味見をしてもらい、気に入ってもらったうえでご利用いただくようにしています。

外部連携 External Cooperation

時間外診療について

当院では、夜間や休診日などの時間外診療は、当院をかかりつけの病院としていただいているワンちゃん、ネコちゃんの状態が急変し、救急診療が必要な場合には可能な限り対応させて頂きます。
当院にて対応出来ない場合は、恐れ入りますが、下記の夜間救急病院がございますので、電話で連絡していただいた後に、受診をお願いしております。

南京都夜間動物診療所

TEL 077-444-3139 / 時間:午後10:00~午前2:00(年中無休)
http://www.nac-kyoto.com/ (当院から約40~60分)

手術・麻酔 Surgery And Anesthesia

手術を受ける・麻酔をかけるということは、動物とご家族ともに大変不安なものです。
そのような不安を少しでも理解し気持ちに寄り添えるよう、より安心して手術を受けられるよう、病院全体でサポート致します。
詳しく見る
Top